ステージの上からの別世界への誘い。役に命を与える演者たちを描く、おすすめ役者/俳優/演技マンガ

うつし世はゆめ よるの夢こそまこと


現実と芝居の世界を行ったり来たりする、「演技系」マンガのセレクションとなります。個人的にめっちゃ好きなジャンルで、というかガラカメが好き過ぎるんですが、オーディションとか役作りのわけわからん修行とかトラブルに対するとっさの機転とか、そういうのをしっかり見せてくれるともうそれだけでスタンディングオベーションする傾向が僕にははっきりとあります。一応そういう嗜好で書いてます、とは前置きしておきます。
基本的には演技者カテゴリとしていて、お芝居全体、裏方とかシナリオとか監督とかもありですが、他カテゴリと競合するようならそちらが優先されます。かりそめのサラリーマンの仮面の下に裏の顔を隠し持つ……とかそういうのは別カテゴリといたします。

【オススメ】ガラスの仮面(美内すずえ)

かつて劇作家・尾崎一蓮の創作した「紅天女」を演じた伝説の女優・月影千草。今は引退した彼女だったが、大都芸能のやり手社長秘書にして冷血漢と噂される速水真澄が、彼女に天才女優姫川歌子主演で「紅天女」再演を持ちかける。しかし月影は「自分の育てた女優が演じること」を条件に一度その話を白紙に戻し――そして天性の演技勘を持つ少女・北島マヤと運命の出会いを果たす。狂気すら孕むその熱演で観客の(そして読者の)心を奪うマヤの「ガラスの仮面」には、しかしある出来事によって大きな罅が入ることに――

もし誰かに「何かおもしろいマンガない?」と訊かれたら、僕の知る他の全てのマンガをさしおいて真っ先にあげるのがこのマンガです。とにかく圧倒的に面白く、本当に「このマンガを読む」という行為以外何もできなくなります。初期の当サイトには「名作」というカテゴリがあったんですが、その時も迷いなくトップに置いたのがこの作品でした。

ただしここ数年は開店休業状態で、連載約40年ですがまだ完結していません。先の展開を見据えた50巻が2016年の3月ぐらいに出るはずだったんですが予想通り発売されず、その後も何事も起こらずにいるうちになぜか2020年に作中の劇「紅天女」のオペラ公開が決定したりして何が何やら。HUNTER×HUNTER信者とかは幸せですよ、待ってれば続きが読める見通しがありますからね……。

アクタージュ act-age(原作:マツキタツヤ 漫画:宇佐崎しろ)

「過去を思い出す」ことでしか演技できない憑依型の役者(志望)・夜凪景。常に本物の感情の中に没入し、演技であることを忘れる彼女は標準的な役者を求めるオーディションでは当然のように落とされるが、一般人としてはほぼ多重人格の彼女は役者とならない限り家族から見ても異常者でしかない――そんな彼女の才能に目をつけたのは国際派の映画監督・墨山墨字。彼に引き回される形で様々な現場を荒らしながらも、夜凪はその歪な才能を開花させていく。

同じ憑依型(メソッド演技)の「ガラスの仮面」が役を読み込み追体験することで自分を他者に塗り替えていくのに対し、こちらは自己を発見し組み替えることで役に当てはめる仮面を獲得するタイプと、どちらも想像力がカギとなりつつアプローチは真逆。しかし一種の「異常者(天才)」が業のように演技を続けることで自分を救済し続ける点では共通しています。

4~6巻の銀河鉄道編がすごく評判がいいんですが、僕はキャラクターが見ている集団幻覚に乗れなかったというか、「すごさ」がよくわからなかったのであんまでした。そこらへんに酔えるかどうかでたぶん評価が大きく分かれるマンガです。3巻までは普通に好き。

試し読み 少年ジャンプ公式サイト

【オススメ】天使とアクト!!(ひらかわあや)

学業優秀だが傲岸不遜、天使のように清らかな声と天性の暴言センスを併せ持つ男子高校生・凰生為人(いくるみあくと)。彼が中学生にして注目を集める天才声優・春坂なりと出会ったことから、突然彼の人生に「声優」という道が拓き出す。しかしそれは、政治家の父が用意した人生のレールから外れることを意味していた――

声優業の厳しい現実を描きつつ、コミカルな描写で読者を惹きつける少年誌らしいお仕事ものです。軽い気持ちで読んだら予想外にハマりました。

声優限定ですが演劇論にも多く触れ、養成学校や面接で出される「課題」に対してそれぞれが機転をきかせる展開、あるいは役を掴むべく手段を選ばないアクトの暴走が楽しいマンガです。後半に入るとプロ同士のパワーバランスやラブコメなども打ち出してきますが、演技と同時にアクト自身もアップデートされていく展開はまさに王道。部分的にかなりご都合でそこだけ気になるんですがおすすめです。全17巻で完結。

試し読み サンデーうぇぶり

ダストボックス2.5(高津カリノ)

実力だけは高いが変人ばかり集まる声優事務所「ダストボックス」へ新人声優として入所した神静真。そこで出会うのはイタコにオネエにストーカー、遅刻常習者の自由人……新人声優の受難の日々とその周辺の変人たちを描く、声優(とちょっと漫画家)業界4コママンガ。

変人ばかりが集まる職場で人間関係が複雑にこんがらがり、その中で微妙に変化しながら同時並行でラブコメとギャグが展開されるなど概ね「WORKING!!」(他)の声優版といった作り。読んでるうちに段々前提が積みあがって面白くなってくるあたりも共通。

高津先生は登場させたキャラクターがハマるかどうか次第みたいなところはあるんですが、クオリティが安定していて大体どれも面白いです。
ダストボックスには一応常識人もいるんですが、神くんの声にベタ惚れで彼を動揺させるために濡れ場を全力で演技したりとか、そういうメンタルから責めるようなお色気要素がガンガン読者の少年たちの何かを芽生えさせてそうで趣深いですね。作者公式HPで番外編? が公開されてます。

試し読み ガンガンONLINE

【オススメ】ヒナ 値付けされた子役たち(鈴音ことら)

芸能事務所に入社したばかりのホヤホヤの新人・烏丸省吾は、子役たちの「大人びた」ビジネス観、そして子供たちを「商品」として取り扱うことを求められる仕事の洗礼を浴びる。きわめつきは7歳にして完璧に裏表の顔を使い分ける売れっ子少女・ヒナ。烏丸は縁あって、ふたまわり年下の彼女に仕事のイロハを教わることになることに……。

感情豊かで情緒的な青年男性と深謀遠慮でクールな幼女という関係性の対比、子役を扱う芸能事務所という特殊な職場の内実、難しい問題を放り込みそれを処理してみせる展開の鮮やかさと、ストーリーテリングの上手さが際立つ作品です。冒頭かなりダメっぷりを発揮する主人公もどんどん成長し、実はこのキャラクターが主人公でないと話が成立しないということがわかってきます。

あと「引き」が毎回上手い。連載作家としてこれは強みです。うっかり読み始めるとかなり長時間拘束されるので、お時間ある時にどうぞ。コミックスは電子書籍のみ。

試し読み サイコミ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする