空想と科学、あるいは現実のカリカチュア。おすすめSFマンガ傑作群

そもそもSFって何?

SFおすすめ漫画のコーナーです。
SFとファンタジーはどう違うのか、というのは難しい問題で、色々な定義があるんですが、「こうだ!」と言うと「ではこれは?」という例をあげることが大体できるので、まあなんとなくでいきたいと思います。

例外もありますが、ディストピアポストアポカリプスアンドロイド・ヒューマノイド系時間ものセカイ系ループもの前世・輪廻転生ものSF系オムニバスの作品は別カテゴリとしています。

【オススメ】イムリ(三宅乱丈)

他人の精神を支配する能力を持つ「カーマ」の術師たち。その候補生の中でも傑出した才能を見せる少年デュルクは、隣星ルーンへの派遣に抜擢されることになる。

ルーンの住人「イムリ」と「イムリの道具」、奴隷民「イコル」と「獣奴」、「賢者の証」「夢見」。謎が解き明かされるにつれて、世界は徐々に真の姿を露わにしていく……。

これがまさに境目の作品で、最初は「ファンタジー叙事詩」だったのが、いつの間にか「SF巨篇」になっていたという作品です。嘘だと思ったら巻末の次回予告をご確認ください。
面白ければどっちでもいいんですが、そして面白いんですが、逆に言えば両方の要素を兼ね備える作品ということでもあります。

ワールドトリガー(葦原大介)

作中でキャッチフレーズを募集して、採用されたのが「遅行性SF」なので、これはSFだという認識でいいようです。

おおまかに言えば群像バトルものです。なぜかこのマンガを読むと「カルネージハート」というゲームを連想するのは僕だけなんでしょうか。

ボーダーたちはそれぞれ異なる階級・得意武器を持ち、戦略的に「トリガー」を選択し、それをカスタマイズし、最適化されたチームごとの作戦を持っています。
派閥があり、ネイバーはたくさんあり、その中でも色々あります。とにかく設定・設定・設定の嵐!

百万畳ラビリンス(たかみち)

たとえば古典的なRPGのフィールドは「同じ木の絵」をパターン処理して森を表現していますが、これと同じようなルールがこの世界にも適用されていて、一本の木を倒すとデータ上同じ物体である他の木もまとめてなぎ倒すことができます。

こうしたルールの抜け道(バグ)を次々に発見していくことで状況を打開していくという「発見」系脱出ものです。あんまりこういうのは他にない気がする。

地味にデバッガが主人公というのも珍しい、たかみち先生が漫画家としての実力を見せつけた一作。

スキエンティア(戸田誠二)

中央に位置するスキエンティアタワーを囲む街では人々が様々な暮らしを営んでいますが、このオムニバス作品集では、その中でも現状に不満や絶望を抱える人々が登場し、進んだ科学技術を用いてそれを解決しようとします。
しかし魔法のような科学も、複雑な人間の問題の前には万能ではなく……。

収録作には上記のような共通したスタイルがあり、それが全体を通したテーマとなっています。これほど一貫したメッセージを持つオムニバス漫画を僕は他に知りません。

ヒューマン系SFで、「AIの遺伝子」が好きな人はこっちもたぶん好きだと思います(逆もしかり)。

PSYCHO+(藤崎竜)

生まれつき髪の毛が緑色の少年・綿貫緑丸。彼がある日ゲーム屋のワゴンセールで手に入れた携帯ゲーム「PSYCHO+」を起動すると、そこに現れたのは「超能力レベル1 木を動かしてみよう!」の文字。
とりあえずカーソルを右に合わせると、画面上の木の動きに合わせて、現実世界で巨木が宙を舞う。さらにゲームには次のレベルが用意されていて……。

フジリュー先生の初連載作品。初期特有の繊細かつポップな描線が魅力的。最近多い「スマホに変なアプリが入って」的なのを先取りしたような設定ですが、デスゲームではなく謎のゲームによって次々にトラブルが巻き起こるような話です。

フジリュー先生らしい病んだ展開も楽しいですが、今となっては「藤崎竜がちゃんと恋愛ものを描(こうとして)いている」というのが一番の見所のような気も。

【オススメ】プラネテス(幸村誠)

今より数十年後、人類が宇宙へと進出している世界。主人公たちは宇宙空間を漂い、デブリ(宇宙ごみ)を片付ける業者として働きながら、それぞれの目的を持っている――
全4巻にして名作として名高く、刊行当時かなり騒がれていた作品です。
一話完結でそれぞれ高品質なマンガは基本僕は好きで、このカテゴリはなんかそういうのが多いですね。

どっちかというと後半が有名な作品なんですが、僕はバリエーション豊富な前半こそが真骨頂だと思います。というか、1巻がマンガ界屈指の名作だと思います。

煙草が吸えなくて右往左往する話が、スラップスティックな展開で一番印象に残っています。

ランド(山下和美)

四体の「四ツ神様」によって監視される閉ざされた村。50歳になった人間は「知命」を迎え、山の向こうにある「あの世」へと旅立つことが許される――
凶相とされる双子のかたわれとして生まれた少女・杏はただひとり、村を支配する数々のしきたりに疑問を覚え始める。そして読者もまた、いつしか彼女と同じように、こうした問いかけを抱くことになる。
このルールはなんのためにあり、それを決めたのは誰なのか?

これも面白い。SFの先例に倣いつつ、それを踏み台に斜め上の展開を見せる作品です。
あんま描くとアレなんですが、例のシーンが出た時は「で、出たーっ!」ってなりました。そこからが本番なんですけどね。

試し読み モーニング公式サイト

第七女子会彷徨(つばな)

学級制度によって友達になったふたりの女子高生、金やんと高木さん。彼女たちが過ごす日常生活は、時間停止やパラレルワールド、死後の世界などのSF的ガジェットに彩られた少しだけ「ここ」とは違う世界。
異常な現象の続発する世界で繰り広げられる、異次元系日常学園コメディ。

それ町とドラえもんの中間地点に栞と紙魚子が割って入ったとでもいうのか、なんともいえない読み味のマンガです。

ほとんどの話は一話完結で、じわじわ楽しめる感じですが、たまに「おっ」となる話が紛れ込んでます。全10巻で完結。

時坂さんは僕と地球に厳しすぎる。(田中ほさな)

一人暮らしだが「ちゃんとしたい」、世間体の気になる高校生、空木宗也。そんな彼の出したごみが勝手に逆分別されて回収されていないという、不可解かつ家庭的な怪事件が勃発する。真相を暴くべく張り込みをした彼は、現場で謎の転校生時坂さんと遭遇する。

環境破壊を自分の使命だと語る彼女の真意とは? そして問答無用で家に転がりこまれた空木は、世間体を守り切ることができるのか――?

環境破壊SFラブコメとでもいうんでしょうか。時坂さん以外の人々は常識的に環境保全をしようとし、途中からそういう団体も出てくるので、常に環境破壊VSエコという対立が起こるという、目の付け所の面白い作品です。

時坂さん自身も面白いキャラクターで、天然かと思いきや意外にクールだったり、あつかましい割に妙に純情だったりで見ていて飽きません。たまに暴走する彼女のおかげかストーリーもテンポ良く進み、全4巻と短めで完結。
田中先生は以前椎名高志先生のところでアシをされていたそうで、この作品が一番その影響が如実に出ていると思います。

試し読み ゲッサン公式サイト

【オススメ】彼方のアストラ(篠原健太)

キャンプのために惑星マクパに訪れたケアード高校の生徒たちは、突如謎の球体に襲われて宇宙空間へ放り出されてしまう。近くにあった宇宙船に移動することで九死に一生を得た彼らだったが、元の場所からは数千光年離れた場所にいることが判明する。
宇宙でのサバイバル生活の中で徐々に明らかになっていく、それぞれの特技、秘められた過去、裏切者の存在――果たして彼らは無事、地球へ帰り着くことができるのか?

少年少女サバイバル×ミステリーというと「11人いる!」をどうしても連想してしまいますが、こちらはそこにさらに冒険ファンタジー要素とツッコミ芸をプラスアルファし、何やら見事な手つきでそれを絶妙な形にまとめ上げています。

普通にやるとご都合主義的な展開も、ギャグテイストでキャラに「ツッコませる」ことによって違和感なくストーリーに組み込んでいますが、どっちかというとツッコませるためにご都合主義な展開を用意しているような気もしないでもない。
読んでてとても楽しい、早く続きを読みたくなるマンガです。全5巻で完結、マンガ大賞2019大賞作品。

あげくの果てのカノン(米代恭)

謎のエイリアン・ゼリーに侵略されつつある東京で、対ゼリー特務部隊のエースとして成長した境先輩と、彼への片思いをこじらせ倒した女子・香月かのんは再会する。
先輩は既に既婚者なのだが、8年間の片思いがついに報われていくかのんは、自分の思いを止めることができなくなっていく……。

ヒロインのストーカー気質を取り上げられることが多い作品ですが、被侵略系SF×不倫という組み合わせも大概異色です。

ゼリーとの戦闘により破損した部位を修復するたび、嗜好や外見は変化していくということで、「気持ちが変わること」に理由が存在する境と「ずっと変わらないでいた」かのんの対比も象徴的です。
かのんへ興味を示した先輩は、本当に彼女の知っている彼なのか?

試し読み スピリッツ公式サイト

地底旅行(原作:ジュール・ヴェルヌ 漫画:倉薗紀彦)

全ては叔父のリーデンブロック教授が手に入れた、12世紀の古書を手に入れたことから始まった。そこに挟まれた暗号を解いたことから、主人公アクセルは謎めいた案内人ハンスとともに、「地球の中心」を目指す前代未聞の大冒険に巻き込まれることになる――

一応現実世界が舞台なので話に入りやすく、未知の領域に分け入っていく喜びと恐怖をリアリティをもって疑似体験できるという意味で、昨今の物語にはあまりない魅力があります。

原作刊行は1864年。当時としても結構無茶な設定だと思うんですが、教授が「自説」を述べることでそこをカバーしながら話を進めるという、ある意味SFとしての正道を歩む作品です。
冒険の舞台は主として地中。食料・明かり等は基本的に手持ちが切れたらゲームオーバー。行きは「下り」ですが、帰りは重力に逆らって戻ってこないといけないわけで……。

惑星9の休日(町田洋)

辺境の小さな星惑星9では、大したことは起こらない――影の中で凍り漬けになった少女、離れ行く月に住む友人との思い出、天才科学者の純情な恋。

カチカチした線とユーモアのある奇想で綴る、町田洋のデビュー作。
表題作、「UTOPIA」「衛星の夜」「それはどこかへ行った」「午後二時、横断歩道の上で」他3篇収録。

寂しくて美しい思い出を振り返るような作品群です。夜中に酒ちびちび飲みながら読んでたら肩の力が抜けました。

試し読み 詳伝社公式サイト

アリスと蔵六(今井哲也)

物理現象を無視して想像しうるあらゆることを叶える、最強の「アリスの夢」使いたる「赤の女王」――その少女は取引を持ち掛けた。
昨今の異世界転生ものでならされたひよわな主人公たちなら、「何かひとつ願いをかなえる」という彼女の言葉に首を縦に振っていただろう。しかし残念ながら、その相手は相手によって態度を変えない、目つきの悪い頑固ジジイだった――

読みようによってはポストセカイ系ともとれる、正論ジジイがイカした作品です。幼女萌えとジジイ萌えの両方が楽しめてとってもお得。

赤の女王には幾重にも渡る自己否定の檻が存在しますが、同時に全能感と非常識の塊でもあり、彼女が自らに課した呪いを解き、普通の少女へと成長していく物語でもあります。

試し読み 月間comicリュウ公式サイト

ふたりぼっち戦争(肘原えるぼ)

人類の絶滅を目的とする(と思われる)侵略者・イドラ。これに対抗し得る唯一の手段、生体兵器「アルカナ」の操縦者を志望する少年イリヤは、不自由な足にも関わらずその才能を認められ、アルカナの操縦者として人類存亡の戦いへ参加することになる。
疑似的とはいえ自らの脚で地を駆け、宙を舞う喜びに酔いしれる彼を待っていたのは、アルカナという兵器の持つ残酷な真実だった――

今となってはなんとなく懐かしい、セカイ系の匂いが立ち込める遠隔操作人型兵器SFです。Vガンとかエヴァとか好きならいいかもですね。


エイリアンを相手どったロボ系、デザインも割とかっこいいんですが、主人公がイケイケで敵を駆逐していく爽快感とかよりも戦争の負の部分がクローズアップされていきそうな雰囲気です。タイトルからして嫌な予感しかしない。

試し読み 少年ジャンプ+

誓約のフロントライン(原作:鈴木鈴(GoRA) ‎メカニックデザイン:柳瀬敬之 漫画:佐藤ミト)

誓約は、人類を抹殺すること。フロントラインは、今僕が立つこの場所――「困っている人」を真っ先に見つけ出し、しかし固まってしまって助けることができない心優しい少年・綾辻塞。そんな彼の前で突然家電類(金属)が空中で集合していく怪現象が起きる。

吸い込まれそうになった自分の携帯電話を間一髪回収した塞だったが、スマホは一瞬にして形と機能を変えていた。そして目の前では、人類を抹殺するために異次元から送り込まれた機体、次元穿孔機体アナイアレイターがこちらに銃口を向けている――

誓約のフロントライン

第1話”アナイアレイター”(1巻収録)より

ちょっとした偶然から、いきなり侵略者「マローダー」から人類を護る最前線に立たされることになった少年サイと、敵機でありサイを抹殺したがっている敵機アナイアレイターの異質にして王道のSFロボットバディアクション。
綾辻塞

第7話”血戦(前編)”(1巻収録)より

「寄生獣」でミギーの代わりにパトレイバーがやってきたようなマンガです。
サイは生身の人間ですが戦闘を通じて大きく成長し、単身マローダーに立ち向かうような場面もあったりして胸熱。

きみを死なせないための物語(漫画:吟鳥子 作画協力:中澤泉汰)

旧人類よりも遅く育ち、数百年も生きる幼形成熟の新人類「ネオテニイ」。主人公とその友人たちは歓楽街京都コロニーへ遊びに出掛けたことから、ある運命的な出会いを果たすことになる――

「禁書」「監視カメラ」「パートナー」といったワードからほんのりディストピア感を漂わせる、未来世界叙事詩。
きみを死なせないための物語

epi.2(1巻収録)より

1巻は壮大な前振り。回想としてのモノローグが差し挟まれ、この前振りへのカウンターがこの物語の主題であることが示されています。ちょいちょい伏線も張られている模様。
1巻では(見た目は)あどけない子供たちだった彼らですが、2巻からはどうなっていくのか先行き楽しみです。

ナチュン(都留泰作)

天才数学者兼物理学者が残した2時間50分31秒の退屈な映像を見た主人公は、突如天才的なアイデアに憑りつかれ何もかもを振り捨て沖縄へと飛ぶ。
遠大な野望のため、当面の目標はイルカの生態観察……しかしそこで待ち受けていたのは海中でイルカとたわむれる謎の美女とフレンドリーな人妻、浅黒いオッサンたちとの暑苦しい交流。さらに予期せぬ災禍との遭遇だった――

作者が現役の文化人類学者ということで、実地のフィールドワークを基にSF的アイデアを練り込んだ得体の知れない野趣を放つ海洋SFです。

一応プロット組んでると思うんですが話がどんどん本筋から逸れていき、初読ちょっと混乱しました。2回読むとすんなり頭に入ってきてめちゃくちゃ面白かったです。
全6巻、「よくあるSF」に飽きた人にこそ薦めたい一品です。

人間工場(西屋仁紀)

出生率の低下と国民の高齢化が深刻な影響を及ぼしつつある世界で、政府が下した「人間製造計画」という決断――身体にバーコードを埋め込まれ、商品として製造された「人間」たちが当たり前に存在する世界で、工場長の大嶽晃は何を思い注文をさばくのか? ホムンクルス系近未来ヒューマンSF。

タイトルからしてエログロナンセンスのよくある低俗なやつであろうと勝手に思ってたんですが、伝統的ショートストーリーの構成を持つ良作だったのは嬉しい誤算。食わず嫌い良くない。

デビュー作らしく1巻には読み切り版も収録。ちょっと伏線が露骨だったり従業員が少なすぎたり気になる点はありますけど、シビアな設定の中で「エグさ」だけを前に出さず、限られたページ数の中でしっかりしたストーリーを作ろうとしている姿勢に好感が持てます。オムニバスが好きな人にもおすすめ。

試し読み マンガボックス

ボーダーワールド-碧落のTAO-(木村聡)

荒廃した世界で逞しく生き延びる人類と、肉体を捨てバーチャル世界「ZONE」で生きるエーテル人。第二世代と呼ばれるデータ生命体のタオは、ガイストと呼ばれる機械に自らをインストールし、人類を「救済」する手続きとして彼らの肉体を破壊して回る。しかし左腕を機械化したひとりの女――ヒルダとの戦場での邂逅が、好奇心旺盛なタオの運命、あるいはこの戦争の行く末を大きく左右することになる。

まさか2巻で完結するとは思わなかった独創的な発想の戦争SF。なんでこう「これは!」と思う作品に限ってすぐ終わっちゃうかね。実肉体に興味を示すバーチャル生命体というタオのキャラクターは面白く、サラッと「なるほど」と思わせるようなミもフタもないようなことを言うドライさを示しつつ、エロ本の罠にかかったりするあまりない造形の主人公です。

地味にメカデザインもシャレオツ。ヒルダの腕のアレは何がどうなってんでしょうか……?
「ワールドトリガー」やMMOマンガからさらに一歩踏み込んだ感じで、この手の発想にはまだまだ色々悪さができそうで可能性を感じます。

試し読み となりのヤングジャンプ

アクセル・ワールド(原作:川原礫 キャラクター原案:HIMA 漫画:合鴨ひろゆき)

ニューロリンカーの導入により、仮想空間へのアクセスが日常生活に溶け込んだ世界でも、人の悩みはあまり変わらない。ぽっちゃり体形のさえない中学生・有田春雪は学内のいじめの標的とされ、スカッシュゲームのハイスコアを伸ばすことだけに日々を費やしていた。しかし黒雪姫と呼ばれる上級生に目をかけられ、彼女の手ほどきで脳処理のクロック数を爆増させる加速世界(アクセル・ワールド)へ誘われたことから、彼は仮想空間で度重なる争いと実力者たちとの出会い、そして災禍との遭遇を体験することになる――

バーチャル・ゲームもので同じくヒット作である「ソードアート・オンライン」の約20年後が舞台(直接のリンクなどはなく、同一世界軸かは不明)。設定は特殊ですがやってることはめちゃくちゃ王道、古典的騎士譚に近いものがあり、良質なラノベの持つ「あの面白さ」を存分に堪能することができます。

全8巻で完結。原作は20巻超えでとてもコミックスでそこまで追い切れないので、もしハマっちゃった場合はそちらで追うことになります。アニメ化もされてますのでそのへんはお好みで。スピンオフもさかんですが、なるほど愛される作品はかくあるべしという多面的な魅力のある作品です。

試し読み コミックシーモア

宇宙家族ノベヤマ(岡崎二郎)

「この世界はDNAで満ちている」――その一文から始まる地球外生命体からの電波受信により、うながされるようにして宇宙への進出を決意した地球人類。家族をなおざりにしつつも出世街道に乗りつつあった日本人・野辺山は、息子が特殊なDNA配列を持つ「メッセンジャー」であることから政府によって宇宙旅行乗組員に指名されることになる。悩みながらも仕事より家族との旅を選んだ彼は、やがて旅の末にメッセンジャーが持つ真の役割、そして自分が果たすべき使命を見出すことになる。

宇宙家族ノベヤマ

第8話”宇宙戦争”(1巻収録)より

主たるテーマは「文明の衝突」。その他生物論・社会論などが魅力のマンガですが、様々な異星人との交流・アクシデントを描くシンプルな宇宙旅行ものとしても十分に楽しく、議論はサラッと読み飛ばしても楽しめます。お気に召したら再読すると色々発見があるかも。出てくる宇宙人はかなり全体的に人間っぽく、前提条件が色々共有されてたりするのでなんかな、と思って読んでましたけど、最後まで読んで納得。

飛び飛びで連載されたようで4年連載して全2巻だけあって完成度は高く、岡崎先生らしい計算された配置です。もともとバラバラだった家族は「宇宙」という困難に対して団結し、早い時点で家族ものとしての問題は解消されます。そもそも宇宙に出てまでドメスティックな話をしててもしょうがないという説もありますが、せっかくなのでもうちょっとそのへん読みたかった気はします。

試し読み コミックシーモア

バタフライストレージ(安堂維子里)

人は死ぬと、すべてのデータを退避させて蝶になる。一度滅びかけた人類は、放っておけば49日で消えるその蝶を「凍結」し、ビッグデータと化した故人データを有効活用することで復興の途を歩んでいた。そして同時にそれは、人が死んでもいく場所があるという安心感も人々に与えていた。
捕蝶管理組織「死局」のメンバー、小野百士は、かつて双子の妹の蝶を「傷の男」に奪われたことから死局に身を置いている。続々と発生する「蝶」にまつわるテロ事件の中で、傷の男と対峙する前にまず、彼は他のメンバーが同様に抱えた物語を目撃する必要がある――

読みやすいけどしっかりしたハードSF、世界観やさりげないテクノロジーの違いなどの作りこみが心地いいです。

仕事のできる痴女こと佐川さんがいいキャラだなーと思って読んでましたが、最初はただの人のいいおっさんポジだった田中さんがグイグイ別人になっていって久々におじさん萌えしました。地味にスーツに日本刀好きの人にもおすすめ。
全4巻で第一部完という形で完結。

試し読み 月刊COMICリュウ公式サイト

プラネット・ウィズ(水上悟志)

街を滅ぼし空を舞う巨大な龍、光を放ちそれに立ち向かうヒーロー……ひどくリアルな夢は、黒井宗矢の失われた記憶と関係があるのか? 現実世界でも不気味でかわいい侵略者「ネビュラウェポン」が現れ、やはり光を放つ七人のヒーロー「グランドパラディン」がそれに立ち向かう。そして宗矢は戦いを終えた彼らのひとりに接近し、その力の源である小瓶を奪うことになる――正体不明の怒りとともに。謎が謎を呼ぶ被侵略系ロボットアクション。

絵コンテみたいなマンガだなーと思ったらアニメ用に水上先生が1074ページのネームを描き下ろしたものが元だそうで、基本的にストーリーも演出も同様ということになりますが、アニメで拾い切れなかった描写やアニメを見たフィードバックも取り入れるとのこと。


というかアニメが作画ほんとに凄くて、正直時間あるならそっち先に見るほうがいいかもしれません。上の第一話は公式です。
マンガ読んだ感想としては、アニメ的な時間感覚、魅せ方、にぎやかさが意識されていてシンプルに面白い。いい作品だと思うんですけど、主人公のロボットデザインはそこまで子供っぽくしなくてもいいのにな、と思います。

試し読み YAHOO! ブックストア

他にもこんなマンガが空想世界でサイエンスしています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする