きさま!見ているなッ!世界のルールに気付いてしまうおすすめメタフィクション系マンガ

こんなまんがにまじになっちゃってどうするの

メタ系マンガのおすすめコーナーとなります。メタ(超)フィクションというのは「読者と作品」の間の境界線を壊してくるフィクションを指し、よくあるのは次のようなパターンです。

A.登場人物が自分が映画/小説/マンガの中の登場人物であることに気付いている/自分が登場している作品の傾向やルールについて言及する
B.作者や読者、編集者が作品内に登場し、物語に絡む。あるいはナレーションなどで意思表示をする
C.フィクションの中にフィクションが登場する、あるいは現実が実はフィクション

色んなタイプがありますが、要は作中人物が「今週はあと2Pしかない。急がないと!」とか言うあの感じです。昔のギャグ漫画は頻繁にこういうことしますけど、メタにある程度自覚的な作品をなるべく選びたいと思います。

絶対BLになる世界VS絶対BLになりたくない男(紺吉)

自分がBLマンガ世界の住人と気付いてしまったノーマルの男。彼は世界の不文律を学び、次々に襲いかかるイケメンたちとのフラグを危機一髪かわしていく。あるあるネタが満載のBLメタギャグ漫画。


あるあるものなので数読んでる人のほうが楽しめることは言うまでもないですが、「そういうのもあるのか」的発見もあるので学習? にも使えます。BL興味なくてもメタギャグ好きなら楽しめる作品。

自分の身代りに他の男をイケメンの毒牙に放り込んで「幸せになれよ……」みたいなモノローグが入るマンガ、というと一番わかりやすいのかも。 

試し読み pixivコミック

【オススメ】僕がモブであるために(目野真琴)

ハードボイルドに登場することに憧れつつも、しぶしぶ三流恋愛マンガ「どっきん☆パイナポー」にモブキャラとして出演する中田。あてもなくノド(見開きの綴じ側部分)のあたりを歩いていた彼は、そこで今まさに自分が出演している「どきパイ」の原稿用紙を拾い、毒舌色情狂のモブ仲間小泉とともに原稿の改変を始める――自分が出てもいいと思える作品にするために!

咳き込むぐらい笑いました。よかれと思ってふたりが少女マンガにタイ人の密売人だのポールダンサーのクソビッチだのを投入する展開は最高にファンキー。後半は中田が「主人公」として活躍し、ストーリーも結構面白いです。

自分たちが属する世界を誰でも改変できるという世界観、マンガ内のモブキャラが漫研に所属していて自分の出るマンガを自分で描くという設定からしてまず異常。もうひとりのモブ・小泉が実にいいゲスキャラで、こっちはこっちで裏主人公感あります。

試し読み ニコニコ静画

もう卵は殺さない(香魚子)

この世のあらゆる物語の主人公が待機する謎の空間「主人公斡旋所」。世に出される主人公の前には扉が現れるが、売れ線とは言えないストーリーのために、笹木綾子はいつまでも呼ばれることがない。他の「幼稚な」作品を小馬鹿にする彼女だったが――(”もう卵は殺さない”)
没になった過去作の主人公へささげる表題作の他、「きょうはなんの日」「茉莉花にくちなし」「亘理くんとふれたなら」を収録。

“もう卵は殺さない”より

上の画像の「男と女が好き合うだけの話」は「亘理くんとふれたなら」のこと。正しいメタ系ギャグを見た、という思いです。
他三作は(ヒロインが悪霊だったりはしますが)割と正統派の少女マンガで、表題作が頭ひとつ抜けてる印象。とりあえず「少女向け」の垣根はゆうゆう超えてると思います。

ちなみに即お呼ばれしていた探偵話、普通に読みたいんですが実在しないようで残念。全1巻で完結(短編集)。

試し読み 集英社公式サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする