私を見下ろしてる私は誰?時に哀しく時に恐ろしいおすすめ幽霊マンガ群

進め一億火の玉だ

ふわふわ浮いたり写真に写ったり枕元に立ったりする幽霊のみなさんをフィーチャーしたおすすめマンガのコーナーです。かなり人気のある題材でホラーはもちろんヒューマン、バトル、恋愛にコメディとあらゆるジャンルで存在感を放っていますが、大体の基準としては幽霊がメインである(妖怪とかとセットでない)ことぐらいで、色々こちら側の世界にご招待する形で作品数を増加させていきたい所存です。

【オススメ】まじめな時間(清家雪子)

高校生の植村一紗は幽霊として目を覚ます――そして交通事故で帰らぬ人となったことを知り、自分を轢いたトラックの運転手も、心臓発作で亡くなっていたことを知る。詰まる所運以外の理由なく彼女は死んだ。文字通り宙ぶらりんの彼女は、好きな男の子の後をなんとなく尾行してみたり、更衣室を除く変態幽霊を蹴っ飛ばしたり。それぞれにお別れを済ませた人々は彼女を過去へ置き去りにし、日常へと戻っていく。それは寂しいことだけど、必要なことでもあった――

幽霊ものとしてはクラシックな作りですが、とにかく上手いです。特に序盤、「死」にまつわる話にも関わらず軽妙なユーモアで重苦しさを感じさせず、まずは場を和ませてから本題に切り込んでいく敏腕営業マンのような話運びの流麗さは特筆すべきものだと思います。

割とよく名前を聞く作品で、清家先生だとダントツこれが僕は好き。コミカルな展開から後半は一変、マンガで泣かされそうになった数少ない作品のひとつでもあります。

【オススメ】青野くんに触りたいから死にたい(椎名うみ)

彼女はふいに恋に落ちた。付き合うことになった。そしてその後すぐに彼は死んだ――若干メンヘラのヒロインが自分も死を選ぼうとした時、青野くんが幽霊となって現れる! しかし青野くんの中には、「違う」青野くんも潜んでいて……シュールなギャグと痛々しいラブ、そして意外にも盛り上がるホラー要素と盛り込みまくった内容で独特の世界を構築する、戦慄のラブストーリー。


次どう来るか全く予想がつかないというのが初読の印象。そしてめちゃめちゃ面白い。ほとんど妄信的に青野くんへの恋へ突き進むヒロインが、幽霊となった青野くんを受け入れようとすることで引き起こされる展開はコミカルな描写との強いギャップがあり、「死」の気配を濃厚に漂わせます。さらに現象は他の人間を巻き込むようになり……。

愛した人が幽霊となって現れて、あなたを「求めた」時にどうするか? 普遍的でありながら斬新な切り口で迫る怪作です。オススメ。

試し読み アフタヌーン公式サイト

黄昏乙女×アムネジア(めいびい)

長い歴史を誇る丘の上の私立誠教学園、旧校舎の薄暗がり――1年生の新谷貞一は、そこで「旧校舎の幽霊」こと庚夕子と遭遇する。長い黒髪と猫のような眼、人懐こい態度と時折見せる陰。学園に伝わる七不思議の謎を追いながら、夕子は貞一にあけすけな好意を寄せ始め、しだいに貞一も彼女に惹かれ始める。初期「月刊ガンガンJOKER」で好評を博した新感覚幽霊譚、全10巻。

ヤンデレというか死ンデレというかゾンデレというか、とにかく多面的で表情豊かな夕子さんの存在が最大の魅力。着替えはするわ飯は喰うはで幽霊というかほぼ透明人間、ただし貞一くん以外からするとただの女の子ではなく……?

特に2巻好きですね。相当思い切ったことをしてます。「新感覚」という定番フレーズをあらすじに使ってますが、実はこのサイトでほぼ使ったことないワードです。

試し読み ガンガンJOKER公式サイト

夜人(岡部閏)

悪霊たちが目に見える少女・恩田衣子。彼女は同級生が幽体離脱できることを知り、自分の部屋に居座る悪霊(通称ウノ子)の退治を依頼する。彼ら夜にのみ幽体離脱できる人間たちは「夜人」と呼ばれ、ある動画をきっかけに能力に目覚めるらしいのだが……。

読者を時に恐怖させ、時に笑いの渦に叩き込む意外性が売り。毎回毎回引きで何かしら仕掛けてくるのですが、本当に色んな形で驚きを提供してくれて、定期的に期待が満たされる心地よさがあります。「世界鬼」の作者らしいちょっと倫理観の外れた世界観、唐突な絶望描写なども健在。

試し読み 裏サンデー

ゆめのかよいじ(大野安之)

古くて広くて複雑な構造の木造校舎。その一室で、彼女はひっそりと佇む少女の幽霊と出会う。古びていく景色、そこにこめられた人々の思念、日常的な営みが折り重なった街並みの密度。やがて失われていくとしても、形を変えて伝えられていくものもある――
使い込まれて黒光りする木の床に寝転んで静かな時間を満喫する主人公の姿は、建物の取り壊し、近代化を喜ぶ周囲の生徒から大きく乖離しています。

概ね民俗学系百合ファンタジーなんですが、最後突然SFになって仰天しました。マンガ図書館Zで読めます。

派手な作品ではないですが、刺さる人には刺さるかと。リメイクされたバージョンもあり、こちらではSF部分がカットされて別の話が挿入され、話の統一化が図られたようです。絵的にもかなり今風になっていて、旧来のファンからはあまり評判が良くないようですが(下記リンクはリメイク版)。

空想郵便局(朝陽昇)

毎日同じことの繰り返し。これがいつまでも続くのか――そんなことを思っていた矢先、バイク事故で意識不明の重体となったごく普通の少年・真今。99%死んでいる彼だったが、箱や手紙の形をした「奇跡」を届ける仕事をすることで命を稼げば、生き返ることができるという。かくして喋る鳩を相棒(上司)に配達人となった真今だったが、基本的に怪しまれて荷物を受け取ってもらえず、色々策を弄することに――そもそも、彼が届けている「奇跡」とはなんなのか? 時として歯車の狂う人の人生を左右する一瞬を描く、オムニバスヒューマン漫画。

設定はまあよくあるやつですがかなりこれ好きで、面白いの読んだー! テンション上がったー! という感じではなく、じわりと「いいな……」という感想が残りました。ホラーとかサスペンスは割とやることやってれば誰でも作れるんですが、こういうよくできたヒューマンは人間性というかセンスが問われ、選ばれた民の作品だなーと感じます。話の締めくくりかた、セリフ回しが実にいい。

普通に人と会話ができてご飯も食べられる珍しい幽霊もの、全3巻。ほぼ外れの話もなく後味もよく、終わり方もいい感じで完成度は相当高いです。表紙が地味でどうかな、と思って読んだんですが、これは正解でした。

幽霊の正体見たり、枯れ頭。(小花オト)

高校生にしてイケメンにして学校の人気者にして凄腕霊媒師、法霊崎帝は、美少女の姿となった怨霊に不覚にもときめいてしまう。すったもんだあって彼女と「遊んであげる」ことになった法霊崎の手を霊のネトネトした手が握り、次の瞬間美少女は脂ぎったオッサンへと変化を遂げた――ホラー要素皆無の幽霊ギャグ漫画。

こんな意味わからないあらすじ久々に書きました。絶対タイトルから設定考えてる美少女→オッサンへの画面の絶望的落差と、飛び道具的な言語センスで連射されるギャグが見どころ。

どちらかと言えば同作者の「翼くんはあかぬけたいのに」のほうがおすすめですけど、こちらもよろしければ。僕は最初から小花先生だと知ってて読みましたが、何も知らないでこれ読むとなかなかの表紙詐欺かもしれません。全2巻で完結。

試し読み ビッグガンガン

他にもこんなマンガが夜な夜な枕元で皿の枚数を数えています

※クリックすると該当の記事へ飛びます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする