立てば芍薬座れば牡丹。禁断の園に可憐な花が咲く、百合マンガのめくるめく世界

白百合の花言葉は「純潔」

読んでみたら意外と面白い、百合マンガのおすすめです。「なるほど、これが百合か」つってレビュー読んでみると「これは百合ではない!」とか書いてあったりで定義がよくわからないのですが、調べた感じ大雑把に「女性同士が親愛の情を示す作品」程度の認識でも良いようです。一応うちのサイトでは恋愛感情がある=ガールズラブ作品であることを基準にしてます。

【オススメ】やがて君になる(仲谷鳰)

「あ、百合も面白いな」と気付かされた作品。人を好きになる気持ちがわからない少女・小糸侑が、同様の悩みを抱える才色兼備の生徒会長・七海燈子と出会い、秘められた関係を形作っていく話です。

繊細な心理描写は端正で、それでいて深刻になり過ぎないいい感じのバランス。百合入門としてもふさわしい作品ですが、興味なくても楽しめる作品です。


百合要素以外にも学園ドラマとしての盛り上がりもあり、4巻とかすごく楽しくて続きが気になります。

試し読み 電撃大王公式サイト

たとえとどかぬ糸だとしても(tMnR)

好きな人は、兄の嫁――義近親恋愛もので、バッドエンドしか見えない設定が若干憂鬱です。当然主人公は自分の気持ちを封じ込めようとするのですが、一度火のついた薪はそう簡単には冷えないわけで……。

好きだけど言えない、恋をしているけどうまくいかないみたいなのが好きな方だとストライクだと思います。兄と結婚していることからわかるように相手がノンケであることはほぼ確定していて、主人公は内心で悶々と思い悩み、人知れず傷つきながらそれでもどこかで諦めきれずにいます。

試し読み eBookJapan

citrus(サブロウタ)

よく名前があがる作品で、絵の端麗さに定評があります。表紙も落ち着いた色遣いで綺麗。あと単行本がデカい。
ちょっと見栄っ張りの恋愛未経験ギャルが黒髪清楚系生徒会長に突然キスされてもやもやしてたら、その生徒会長が義理の妹として家に上がり込んでくるという流れるような連係プレーで一直線に距離を詰めていきます。

話としてはやが君、たと届のほうが好きですが、普段お堅いくせにおもむろにビッチと化す生徒会長の複雑なキャラクターが割と面白いです。言動もたまにおかしい。黒髪ロングVSギャルは絵的に映えますね。

試し読み eBookJapan

あの娘にキスと白百合を(缶乃)

努力家で周囲からの信望厚き白峰あやかと、寝てばかりのくせにテストの点数であやかを上回る天才肌・黒沢ゆりね。反発心も露わにゆりねへと宣戦布告するあやかだったが、「自分と張り合ってくれる」存在に飢えていたゆりねに犬のように懐かれてしまい――
一貫女子高を舞台に、さまざまな少女の恋模様を綴った連作百合オムニバス。

あの娘にキスと白百合を

第2話”孤島のモンスター”(1巻収録)より

絵・話・構成どれもそつがなく、安心して浸れます。もうちょっとキャラの描き分けあってもいい気はしますけど……。冒頭のふたり以外にもさまざまな百合ップルのドラマが描かれ、男性の登場しない閉じた空間で少女同士でやきもち妬いたり花贈りあったりする、非常に百合らしい百合作品。


巻数が結構多めで、全10巻で完結。女の子が思い思いのポーズを決める表紙デザインもおしゃれです。

試し読み アライブコミックス公式サイト

イノセントノイズ(井村瑛)

大学の軽音サークルで出会った少女。おずおずと、しかし急速に距離を縮めたふたりは、きっかけだった音楽への情熱を失っていく。やがてふたりは別れたが、少女はアーティストとして成功した。その曲を聞く彼女の心境とは――(”音楽なんてどうでもいい”)
スムーズなストーリーテリング、少し苦みを残す物語が魅力の短編集。

他の方のレビューも読むと案の定「ナツヤスミ」という話が人気で、僕もこれが一番好きです(少しアンフェアだな、とは思いますが)。それに続く「天使がいた日」も印象的で、短編作家としての能力の高さを感じます。コマとコマの間の時間調整がうまい人だと思います。

他、「羊と氷菓」「美しくなる日」を収録、カバー下では「天使がいた日」の救い要素が収録されてるとのことですがkindleではカットされてるようなので、紙媒体推奨です。

【オススメ】マルスのキス(岸虎次郎)

高校生にして既に経験豊富、「人生を楽しんでいる」由佳里とまじめな優等生の美希。仲良くなりようもなさそうなふたりだったが、美術室でマルス像にキスをする美希の姿を目撃したことをきっかけに、しだいに親友となっていく。さらに「イケてない」美希の飾り気のない友情は、満たされていたはずの由佳里の寂しさを浮き彫りにしていき――

マルスのキス

第2話より

ふたりが次第に仲良くなり、特別な感情さえ芽生える過程が素晴らしく自然。人間的な変化、印象的な台詞回し、大きな見せ場、伏線の回収までこなして一冊で見事に完結します。おすすめ。


無駄なくラストまでスッキリ話が通る清冽な作品でした。心理描写がすごいけど原作付き(アンソロジー「告白。」収録)だからかと思ったら、原作も岸先生というね。
COMIC PIANISSIMOで2006~2007年連載、全1巻で完結

試し読み コミックシーモア

ななしのアステリズム(小林キナ)

司、鷲尾、琴岡の三人は、それぞれタイプが違うけど仲良しの女子三人組。しかし司は秘かに鷲尾が恋愛対象として気になっていて、それを人に言えずもやもやしていた。そんなある日、司はとあるきっかけから鷲尾の秘密を知ってしまう。さらに、琴丘もある秘密を持っていて――?
すれ違う「名前のない感情」と、壊れていきそうな三人の友情を描いたライト百合系恋愛コミック。

ななしのアステリズム

第4話”ソウダン”(1巻収録)より

恋愛の成立ではなく、成立しそうにない恋愛を描いた作品。
ドロッとした要素もありますが基本爽やかで読みやすく、切ない話ですがノリは明るいです。表情を描くのがやたらうまくて、バリエーションが豊富。

最後はちょっと駆け足で終わり、全5巻で完結。

試し読み ガンガンonline公式サイト

【オススメ】明るい記憶喪失(奥たまむし)

同棲関係にある恋人の鈴木アリサが記憶喪失になってしまった。出会って3年分の思い出は全て抜け落ち、しかも恋人の佐藤ルリは女性である。目を覚ましたアリサは、その事実に対し――あからさまに喜び、率先してルリの家に付いてきて、ダブルベッドを見ては嬉しい悲鳴をあげ、翌朝起きるとキスをせがむ圧倒的一目惚れ性能を見せつける。一方まじめなルリは彼女を見て思う、もし自分が記憶喪失になったとして、彼女と同じようにアリサを再び愛せるだろうかと――「記憶喪失」テーマを明るく描く、ちょっとおかしな凸凹百合コメディ。

明るい記憶喪失

第6話”(1巻収録)より

ふたりが築いてきた関係は既に盤石のもので、思い出もたくさんあり、ただし記憶がなくなるので恋人としては一からのスタート、ただし一瞬で恋人関係は再構築されます。なので基本はいちゃラブカップルものなんですが自分という元カノに嫉妬したりするというのは、なるほどあまりない設定だなと感心しました。ルリの一挙一動にテンション爆上がりのアリサが見てて楽しい、どう転んでもハッピーエンドしか見えない平和なマンガです。

普通のマンガ/4×2のマンガ/横に広い4コマと体裁がコロコロ変わる妙なスタイルを採用。これも意外にそこは統一されてなくてよい、むしろそのほうが変化があって読みやすいかもしれない、という思わぬ発見がありました。
なんかつらつら書きましたが、そーゆー余計なこと考えて読むようなものでもないですね。百合でいちゃラブでギャグもいけるやつが読みたければおすすめです。

試し読み BookLive

リリィ・トライアングル(ツナミノユウ)

一年生にして生徒会長まで昇りつめ、内心誰かに蔑まれたいという欲求を抱える獅子王救世子。そんな彼女をバッサリ言葉で切るのはボーイッシュな十槍寺美虎、美虎は同級生の桜涙河小姫を守ることに人生を捧げており、小姫は救世子を神のように崇めている。
三者三様の一方通行な愛情がハイスピードで循環する百合ラブコメ4コマ。

リリィ・トライアングル

”太陽、花、石”より

登場人物が全員変質者の安定のツナミノ作品。「ふたりモノローグ」の同工異曲といったところで、サイコ系ギャグとしてはあっちのほうが冴えてますが、こっちは気楽に読める平和さがあります。


まあちょっとやり過ぎ感はあって、キャラの幅が狭い感じはします。でもまた変質者が描きたくなったんだろうなあ……と思わせる勢いはある。佐呂間ポジションはモブが担当、救世子のキャラはちょっと新機軸感あります。
「ツイ4」で2020年~連載。

類似作 ふたりモノローグ、ななしのアステリズム(小林キナ)

試し読み ツイ4

ふらちな倫理ちゃん(姫海月スグル)

第一志望の純白女学院に見事合格し、憧れの人神宮寺撫子と同級生になった普通の? 女の子、眞白倫理。彼女への恋慕は胸に秘め、清く正しく淑やかな高校生活を送ると決意したものの……生来のストーカー気質と下方面に偏った妄想癖で人知れず暴走する内面と、少女たちの清らかな? 友情を描くライト百合コメディ。

ふらちな倫理ちゃん

第3話”倫理とふらちな登下校”(1巻収録)より

絵がFFタクティクスみたいで可愛く、妄想も程よく下品でバランスのいいコメディです。ややアレな方向のきらら系みたいなのが好きな人だと刺さるかと。
神宮寺が何考えてるのかよくわからないのですが、彼女しだいで百合(あるいは少女の友情)的にも発展していきそうな予感を感じさせます。

2020年~「コミック電撃だいおうじ」で連載。

試し読み pixivコミック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする