知ってる?こんな噂があるんだけど……。妖怪・都市伝説・呪術などオカルト系おすすめマンガ

なんでも妖怪のせいにしてしまう我々が(略)


とりあえずひとまとめのオカルト廻りカテゴリです。都市伝説の話するとなんとなくお正月にふさわしい感じがするのは、日本の懐かしのテレビ文化を象徴してますね。
都市伝説は裸足のポールとかトトロが死後の世界とかの考察も含み、あと人間が犯人のこともあるので、様子見てカテゴリ分けたほうが良さそうであれば分けます。
幽霊は別カテゴリで扱います。オカルトは特に国籍問わず、ただクトゥルフ神話とかは明らかにここではないわけで、そのへんは管理人の勘とニュアンスで処理されます。
作品数多ければヴァンパイアやゾンビみたいに単体で独立しますが、その可能性を感じるほどピンで人気ある妖怪はほとんどいないですね……河童ぐらい?

【オススメ】うしおととら(藤田和日郎)

あるきっかけから「獣の槍」を手にした蒼月潮(うしお)と、槍に封印されていた雷獣とらが、様々な妖怪と戦う冒険ホラーアクション。道具や能力の力を借りる時に身体的に変化する描写はマンガに多くありますが、獣化すると髪の毛が伸びるというビジュアルは非常に鮮烈で、人から一歩はみ出したうしおの状態を一発で読者に印象づける力があります。人の魂を削る獣の槍は、やがて彼の人間性を侵食していくことに……。

獣の槍の攻撃に特化した流線型と熱血漢なうしおの少年性、ギラギラしたキャラクターの目とかさかさした質感を持つ妖怪、さりげないデザインセンスの高さ。テンションの高い内容と残酷描写、映画的な文法を駆使したシチュエーションと陰のある表紙の目もくらむほどのコントラスト。「何度読んでも面白い」と感じる稀有な作品のひとつです。

超有名作ですが、藤田先生だとやはりこれを推さないと始まらないかなと思います。ベタなマンガですがそれを推進するパワーとセンスが普通じゃない。台詞廻しやギャグはこの頃から相当独特で、巻末のよくわからんクイズも無駄にサービス精神豊富で楽しませていただきました。

試し読み WEBサンデー

呪術廻戦(芥見下々)

異常な身体能力を持つが諸事情によりオカルト研に所属する虎杖悠仁は、ある日学校で小さな箱に入った「呪物」を持ち帰る。その残穢に引き寄せられた「東京都立呪術高等専門学校」の伏黒恵とともに、虎杖は学校に集まる呪いに対処する必要を迫られるが、呪いには呪いでしか対抗できないという制約により身体能力だけでは太刀打ちができない。そこでとったある行動により、虎杖は人間と「呪い」の間の争いにおけるキーパーソンになるのだが――邪道感あふれるホラーアクション。

色んなものの影響を感じますが、特に冨樫義博先生の演出の影響が強く見られます。主人公より悪役のほうが魅力的という性質も引き継がれてるような気も。
どっちかというと地味めな絵ですがそれを補うように設定や展開が奇抜。

1~2巻程度でジャンプの中でも上位の人気を獲得したようで、話運びの盛り上げかたは見るべきものがあります。毎回見せ場が何かあって、たまにOB気味な飛躍をしつつも、それによって得られる飛距離で読者を魅了する。
この作品の前に「東京都立呪術高等専門学校」というプロトタイプが連載され、単行本としては呪術廻戦の0巻として発売されました。主人公は本編にも登場する乙骨憂太。

試し読み S-MANGA

真夜中のオカルト公務員(たもつ葉子)

夜間地域交流課に配属になった新宿区役所職員の宮古新は、自分が「アナザー」と呼ばれるオカルト的な存在を視る才能を持つことを知らされる。さらにアナザーの声を聞くことができる、それ自体が都市伝説のような「砂の耳」の持ち主でもあることが明らかになると、彼は次第に人とアナザーの間の重要な橋渡しとして機能し始めることになる。

じわじわ面白くなり、5巻ぐらいまでいくとバッと華開く感じがしました。人とは全くちがう価値観を持つアナザーの描写は「臭く」なく、新や他の職員も変に気取ってなくて、読者の身近な価値観の中で話が進むので非現実的な現象や思想に触れた時にキャラクターと同じ違和感や恐怖を感じることができます。

当たり前のことのようですが、オカルト系はこのへんのバランスが難しいのか「ズレ」を感じることがままあります。それがこの作品はあまりない。
登場するアナザーは和洋折衷、都市伝説やなかなかシブい趣味の神様も登場します。
発生する事件に比して感情表現は抑えめで、無闇に読者を感動させようとしない姿勢は上品と言えば上品。表紙の落ち着いた色使いといい、全体的に低体温な作風です。

試し読み コミックNewtype

怪物事変(藍本松)

泥田坊と呼ばれ虐げられる少年・夏羽はある日、村を訪ねてきた探偵・隠神に「怪物(けもの)」としての己の正体を告げられる。自らのうちに潜む乾きの正体を知った彼は、隠神に自分の両親の捜索を依頼することになるが――ジャンプSQで好評連載の東京妖怪アクション。

主人公とヒロイン? の変なかけあい、仲間の少年たちの成長といった少年マンガっぽさとエグさ、キワドさがいいバランスで両立しています。主人公の自我が薄めですが、不気味さよりは動物っぽい無表情さでそこはかとなくかわいい。

試し読み ジャンプSQ公式サイト

妖怪の飼育員さん(藤栄道彦)

大きな街なら必ずひとつはあるような、ありふれていて親しみのある定番スポット、妖怪園。新人飼育員としてそこに勤めることになった鳥月日和とその上司・同僚、さらにだんだん妖怪たちもレギュラー化し、笑いあり皮肉ありのにぎやかな妖怪園の一日が今日も幕を開ける。

藤栄先生お得意の連作短編スタイルで、すねこすりや鎌鼬といったかわいいところから、つるべ落としや蟹坊主のおどろおどろしいところまで色んな妖怪の生態がわかりやすく語られます。個人的には猫又の話(2巻)が好き。


「さとり」では主要キャラの暗部をさらけ出していて軽く痺れました。明るく処理されてますがこういうことをサラッと出来る皮肉な作風がイイですね。古臭さを象徴するような妖怪と対比するようにして現代の問題を描く社会批判、時事ネタ、パロディなんかも多いです。

試し読み くらげバンチ

【オススメ】のんのんばあとオレ(水木しげる)

昭和六年、喧嘩と夢想に明け暮れた黄金の時代。そこにはまだ妖怪が身近に存在する日本の姿があった。水木しげるの少年時代をベースに、「のんのんばあ」や他の少年たち、幼い恋の思い出を綴る自伝的エッセイコミック。

「漫画におけるカンヌ」と呼ばれるアングレーム国際マンガフェスティバルで最優秀作品賞を受賞したマンガです。別に権威主義に走ろうというのでもないし、相当偏った賞だとも思うんですが、これに関しては納得できるレベルです。水木しげるの中でも最上級に面白い作品ではないかと。

絵のすばらしさは言うに及ばず、徐々にレギュラーキャラと化す小豆はかりなんかが実にいいキャラです。出てくる人全員味があって、読んでると浸み出すような楽しみがある作品でした。

試し読み 講談社コミックプラス

平太郎に怖いものはない(スケラッコ)

稲生平太郎、16歳、お好み焼き屋。彼のもとにはなぜか毎日、妖怪たちが手を変え品を変え現れてはちょっかいをかけていく。しかし平太郎に怖いものはない――本当に?

トーチのweb連載では各回手描きアニメが埋め込まれています。kindleとかでは動かせないものを連載で公開してるわけであまり見ないサービス。一話だけとかなら時々見ますが、毎話動くマンガを読んだのははじめてです。

電子書籍と聞いて最初にイメージしたものを差し出されたようで、読んでて嬉しくなりました。7/3の動きが好き。
ストーリーは広島の妖怪譚「三次実録物語」をベースにしているそうです。上下巻で完結。

試し読み トーチweb