明日が来るとは限らない。「生き残る」ことを目指すサバイバルマンガおすすめセレクト

生きてるだけでまる儲け

すごく昔でうろ覚えなんですがたしか「フルメタル・パニック」で、軍人に日本は豊かで戦争がなくていいですねみたいなことを言われたヒロインが「でも自殺で毎年3万人ぐらい死んでる」と答えて軍人が驚く、みたいなシーンがあった気がします(あと、たしか電子レンジで発信機を壊してた)。幸福というのは物質的な豊かさ、あるいは治安の良さとはイコールではないという話ですが、しかし実際にインフラ崩壊して病院もなくて食料もなくなったらどうよ? あるいは夜になると狼や鼠がうろうろしていて赤ん坊が朝起きると大変なことになってたらどうよ? というようなのが割とリアルに疑似体験できるジャンル、それがサバイバル漫画です。
主にポストアポカリプス、終末系、デスゲーム、新日常系、ゾンビ及びモンスター、たまに無人都市あたりとモロ被りするんですが、ポストアポカリプス「なのかどうか微妙」とか、デスゲーム「っぽいけどルールがない」とか、被っても「生き延びることがメイン」の作品とかがここに集結する感じです。

※「掲載作品」として紹介している作品は掲載が終了している可能性があるので、悪しからずご了承下さい。

サバイバル(さいとう・たかを)

このジャンルの代名詞的名作。突然世界的な大地震に巻き込まれ、無人島でただひとり目覚めた鈴木サトルが、食料問題、衣食住、鼠や熊などの猛獣、病などに悩まされながらもたくましくその日その日を生き延びていく姿を描いたさいとう先生の代表作のひとつ。

サバイバル生活を送る上で参考になりそうなtipsも満載。読むと普通に屋根のある家屋で寝起きして安全な食事をとれるということがありがたく感じられます。

グロ描写はほとんどないですがハードな展開が続く中、色んな意味でコメディリリーフ的な犬のシロが登場するあたりから作品のカラーが少し明るくなります。犬が登場するサバイバルは外れが少ない。


ゴルゴで有名な作者ですが原作なしでも社会派ストーリーテラーとしての能力が高いことがよくわかります。復興した独裁国家を描いたanotherの他、作画が変わったリメイク版の「少年Sの記録」が発表されています。

ブレイクダウン(さいとう・たかを)

地球へ接近しつつある小惑星「ウィルビー」――テレビ地方局の報道部に勤める「変人」大友海里は友人の天体・衛星軌道観測の第一人者鳩山に至急の招きを受け、キャップの内海とともに彼のこもる天文台へと山道を向かう。そこで見たのは「ウィルビー」にミサイルを打ち込むという某国の極秘実験だった。大スクープに狂喜する内海とは裏腹に、大友と鳩山はその光景に胸騒ぎを覚えていた。そして危惧は実現してしまう……内部に圧縮されたガスを噴き出した隕石が、地球へ衝突する方向へ軌道を変えるという形で。

「サバイバル」の青年版ともいうべき、やはり崩壊した世界で生き抜こうとするひとりの男の軌跡をたどるサバイバル作品。比較的都市部が舞台となることが多く、前作同様ネズミさんも活躍しますが、どちらかというと極限状態で生き抜こうとする人間の強かさ、醜い奪い合いが印象的な作品です。

サバイバルでは描かれなかったカタストロフの明確な原因、崩壊初期の混乱などがリアリティを持って描かれているのが特徴。序盤はかなり面白いんですが後半と終わり方は微妙。
SPコミックで全5巻、文庫で全4巻。2015年にコンビニコミック(上下巻)として再発売時一部の内容がゴッソリ抜けていて、謝罪騒ぎとなり一時期その部分が無料公開されていました(現在は削除)。もうそうそう見かけないとは思いますが、古本派の方などは一応注意。

【オススメ】ソウナンですか?(原作:岡本健太郎 漫画:さがら梨々)

突然の飛行機事故で孤島に流れ着いた女子高生四人。救助は来ない、火はない、シャワーもない、トイレもない、食べるものはない、安全な寝る場所もない、それどころかまず水がない。普通なら衰弱死一直線の状況だったが、たまたま元軍人の父にサバイバル技術を仕込まれた遭難のプロ・鬼島ほまれが四人の中にいたことから、シビアでゆるい四人の無人島サバイバルライフが幕を開ける。

楽しげな表紙から予想してないほどガチでした。細部を詳しく解説こそされないものの食料の確保や住居の作成はしっかり描写され、「一歩間違えば死ぬ」状況をキープしつつギャグやお色気も挟んでくるすげーよくできたマンガです。いざという時に使える知識が満載、ガールズコメディとしても秀逸。

とにかく遭難ものでこの明るさはレアですね。設定上下着でうろうろするぐらいは当たり前で逆に健全な感じがしますが、罠にかかってパンチラする女の子とか見たい人にも一応おすすめ。

試し読み ヤングマガジン公式サイト

【オススメ】僕は君を太らせたい!(原作:茸本朗 漫画:横山ひろと)

突然のバイオテロによる感染症の蔓延で、急激に日本は治安を失いつつあった。人一倍食事にうるさいフランス帰りの都田エリは謎のゲテモノを食す社員・木野耕一とともに会社に取り残され、成り行き上彼と行動をともにすることに。そして開陳される身近で採れる野食の世界……!

僕は君を太らせたい!

第4食”食べられるんですかコレ!?”(1巻収録)より

「ソウナンですか?」に通じる明るいサバイバル漫画です。木野が野食食べたがりなので缶詰とかほぼ出てこず初回からフルスロットル、とはいえ親しみやすい食べ物が多く、野食への認識を改めさせられますしめっちゃ腹減ります。意外なものが食材になったり、採取や簡単な釣りの方法もあって普通にタメになる。


全4巻で完結。原作の茸本先生はもともと野食ハンマープライスなるサイトを運営されている実践派。そのサイトも非常にアグレッシブで面白いんですがこっちはガッツリ閲覧注意。どこかで見たようなサイトデザインで一方的に親しみを感じます。

試し読み ビッグコミックBROS

ドラゴンヘッド(望月峯太郎)

修学旅行の岐路の大地震により、地下トンネルの電車内に閉じ込められた青木輝、瀬戸憧子、高橋ノブオ。底知れぬ暗闇の中をさまよううちに、少年たちの精神は均衡を崩し始める。瓦礫と死体の山を乗り越えて先に進んでも、その先には何もない……恐怖と絶望による人間性の本質と崩壊を描く、ホラー寄りサバイバルアクション。

「サバイバル」は比較的災害の中を希望を描くような作風ですが、こちらは90年代の空気を色濃く反映しダークテイストです。


全10巻。謎過ぎるラストで「尻すぼみ作品」として悪評高いですが、序盤でめちゃくちゃ引き込まれますのでそこまで一気に連れてかれるのも一興かと。

自殺島(森恒二)

増えすぎた自殺志願者が送られる絶海の孤島「自殺島」。国から見捨てられ、あらゆる権利も義務も失った彼らは、あるものは再び死を選び、あるものは無法者へ、あるものは生きるための努力を通じ、日々の中に自らの役割と居場所を見つけ始める。狩人として成長していく主人公を中心に、生きることを直球でテーマに据えた孤島集団サバイバル。

設定上キャラクターは基本全員何かしらの重苦しい過去を持ち、「未遂者たちの抱える問題」「集団生活サバイバル」「グループ同士の敵対」という三つの要素が濃密に絡み合います。構成の完成度が高く、難しい問題にもしっかり向き合ってる非常に真面目な作品。


設定が設定なので1巻の雰囲気は重め、段々前向きな感じになってきます。タイトルと設定からして鬱ですが、森先生お得意の成長する少年が見たければ普通におすすめ。
「ヤングアニマル」で2008~2016年連載、全17巻で完結。前日譚の「無法島」が2019年~連載。

試し読み 白泉社公式サイト

創世のタイガ(森恒二)

文化人類学ゼミの旅行中に、ふとしたきっかけで発見したオーストラリアの洞窟。その中を抜けた大学生たちは、マンモスや古代生物が闊歩する太古の世界へとタイムトリップしていた。戻る術もなくサバイバル生活を送る彼らだったが、しだいに原始人同士の抗争に巻き込まれることになり――?

異なる文明社会にワープするタイプのサバイバルです。どちらかというと人間ドラマを得意とする森先生の新作なので、タイガたちが徐々に古代世界の人類・戦士として馴染んでいく(あるいは対立していく)展開がメインとなっていきます。

試し読み モアイ

殺人猟団 ‐マッドメン‐(長田龍伯)

憧れの琴音先輩と訪れた無人島――のはずの絶海の孤島、神顎島。そこで出会った人の好さそうな釣りをする男に突如襲われ、大鷹琥郎の撮影旅行は下心に満ちたラブコメから一転、生き残りを賭けたサバイバルへと突き落とされることになる。連れ去られた琴音先輩を救うため、琥郎は単身島の奥へと突き進むことになるが、出会う住民は全員殺人鬼、しかも概ね濃い口の変態ばかりなのであった。

「アビス」作者の新作。この手の孤島サバイバルは割と読むとしょんぼりさせられることが多いんですがこれは面白く、どんどん先に読まされました。雑に言えば「魔人探偵脳噛ネウロ」の犯人を孤島に詰め込んで藤原竜也を放り込んだようなマンガで、前作でもだいぶ出てた長田先生独特の趣味の悪さとユーモアセンスが噛み合い、グロテスクな題材の割にあんまり深刻さがなく読み味は軽快。主人公の倫理観も低く、ぜんぜん葛藤せずに鉄パイプで殴りかかる姿はすがすがしいです。

画力もなにげに上がってて、前作に比べると表紙詐欺感は薄いかも(女の子もかわいくなってる)。そもそもこの題材できれいな絵を望む人はそんなにいないかもしれませんが……。

試し読み マガポケ

蛍火の灯る頃に(原作:竜騎士07 漫画:小池ノクト)

祖母の葬儀のために帰省した「平坂村」。7人の親族が集まった忠村家で、急速に怪異は進行していく――夜家の中で灯る蛍火、動き出す死体、ふたつに増えた太陽、村を取り囲む謎の霧、消えた住民たち……。彼らが足を踏み入れたのはどこなのか? そして無事に現世へ帰ることはできるのか? 竜騎士07が仕掛ける閉鎖空間サバイバル。

謎解き要素は薄く、突然放り込まれた暴力的な世界でいかに生き残るか? という部分に焦点が当たった作品です。説明役ぽーんと放り込んだりで話運びは割と適当ですが手堅く迫りくる悪意があり、「生き残り系作品が読みたい」とふと思った時に読んで、変な言い方ですが安心して追い詰められることができた作品でした。

この手の作品の難しいところですが、おそらく他の人の作画だとかなり安っぽくなったであろう場面もあり、そのへんは小池先生さすがだなと思います。端的に「悪夢を見た」という読後感を残し、全4巻でテンポよく完結。巻末のサバイバル知識が地味に有用。

試し読み pixivコミック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする