戦後は遠くなりにけり。現代・近代戦争を扱うおすすめ戦争マンガ

戦争は嫌いだけど兵器は好き


国内外問わず現実の戦争を題材としたマンガのコーナーです。戦記に限らず戦時下の生活もOK。黎明期の漫画家には戦争体験を持つ方も多く、60年代には戦記ものマンガのブームもあったらしいですが、現在読めるものがどれほど残っているやら。軍艦とかヒコーキとか出てくる近代~現代以降の戦争が対象で、それより前のものは歴史マンガのほうに置いてます。また実際の戦争を舞台にしても空想要素の強いものは架空戦記、あるいは該当する各ジャンルに振り分けます。
冷戦とかの物理的にドンパチやってないけど対立状態にあるようなのも、他に行き場がなければここに来るかと思います。

紙の砦(手塚治虫)

昭和十九年、大阪――大寒鉄郎と岡本京子は出会い、お互いの夢を語り合う。自分は漫画家になる、あたしはオペラ歌手になる。爆撃の中でもマンガを描き続ける大寒だったが、やがて注意人物として罰則を押しつけられるようになり……(”紙の砦”)。
漫画家を目指す少年の目から戦時下・戦争直後を描く、自伝的短編集。

主人公は手塚先生本人がモデル。困窮した社会情勢をユーモアをまじえて語り、ついでに当時のマンガ事情もちょっとわかります。駆け出し時代の話や戦争と関係ないトキワ荘の話なんかも載ってて、「まんが道」の副読本としてもおすすめ。

収録作は表題作の他「がちゃぼい一代記」「すきっ腹のブルース」「トキワ荘物語」「という手紙がきた」「動物つれづれ草」「どついたれ(抜粋)」。どついたれは未完作品を再構成したものです。古典的なギャグが満載のがちゃぼいなんかは、若い人が読むと逆に新鮮に感じるんじゃないでしょうか。

試し読み 手塚治虫と戦争

総員玉砕せよ!(水木しげる)

南方戦線、ニューブリテン島(パプアニューギニア)……「天国のような場所」といわれるバイエンにたどり着いた田所支隊は、体罰を受けたり魚を獲ったり人が死んだりしながら、淡々と日常を送っていく。やがて島は戦場へと変わり、兵士たちは無謀な玉砕作戦を命じられることになる……作者自身の体験(「丸山」は水木先生がモデル)を元に綴られた、九割実話の戦記ものの名作。

大上段に「戦争反対!」というのではなく、実際に陸軍兵士がどんな感じのことを考えていたのか、どういうテンションだったのかを描く「日常系」作品。結局生きるの死ぬのの世界であっても「みんな平等に不幸なら納得がいく」のが人の性だし、なんでこんなことしなきゃならんのかとみんな思いながら流されていた、そうした素朴な共感を呼ぶ心理描写が戦争は遠い世界の話ではないという実感を誘います。


水木先生自身も戦地で左腕を失っています。足立倫行氏の解説によると「数十編の短編戦記マンガを手掛けた後、満を持して世に問うた」作品。全1巻で完結。

試し読み 講談社コミックプラス

ぼくは、せんそうをしらない。(カメントツ)

定食屋で、たまたま相席になった年老いた男。食事をとる作者の前でテレビを見ていた老人は、突然衝撃の一言を呟いた――第一話が大反響を招き、ついにカメントツ先生をメジャー作家に押し上げそうな気配を見せつつも数カ月の沈黙に入った、忘られゆく「日本の戦争」にまつわるルポ漫画。

コンセプト的には年代的に最後のチャンスである「戦争体験」をインタビューし、それをマンガの形で後世に伝えるというもの。意義ある企画ですが後が続かなかったらしく、残念ながら二話で終わりそうです。

なのでまあ短編として楽しむ感じですが、一話が非常に良かったので。

試し読み リイドカフェ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする