「 バトル 」一覧

明日があり過ぎる安心感と救われなさ。おすすめ不死身・不老不死マンガの無限に続く物語

明日があり過ぎる安心感と救われなさ。おすすめ不死身・不老不死マンガの無限に続く物語

死にたくても死ねない不老不死・不死身マンガカテゴリです。別に不老と不死の両方満たす必要はないんですが、兼ねてる場合が多いですね。基本的には主人公が不死身であることが多いんですけど、「不死を目指す」マンガもあればここに入れるつもりです。バンパイア・ゾンビなどは一応別カテゴリですが、境目が曖昧なのもあります。

天井裏から愛を込めて。影から影へと跳び回る、忍者・くのいちおすすめマンガ選

天井裏から愛を込めて。影から影へと跳び回る、忍者・くのいちおすすめマンガ選

忍者系マンガのおすすめセレクトです。ぜんぜん忍ぶ気のなさそうな人たちも混ざってますが「忍者だ!」と主張していれば割と簡単に入れてます。逆に「あずみ」みたいに実質忍者マンガっぽくても、忍者扱いされてなければ外してます。このサイトではよくあることですが言ったもん勝ちです。

死して屍拾うものなし。剣戟が火花を散らす侍・武士系マンガ名作選

死して屍拾うものなし。剣戟が火花を散らす侍・武士系マンガ名作選

お侍のみなさんが活躍するマンガをチョイスしています。大体歴史ものですが、現代を舞台にお侍が頑張ったり、異世界でお侍がはりきったりする例もあったりします。そのへんについて考えだすと「和服を着て日本刀持っていればそれはお侍認定してよいのか? 士道とは?」とかまた妙な方向に悩みそうになるので、深く考えず直感的にご紹介していきたいと思います。

強さとはなんだろう。痛くても前に出る、おすすめ格闘技マンガ

強さとはなんだろう。痛くても前に出る、おすすめ格闘技マンガ

バトルとスポーツの中間みたいなカテゴリで、読んで面白かった「スポーツとしての」格闘技ものをチョイスしています。基本一種目で、架空の格闘技は原則として駄目、人外系とか異種格闘技系とかもバトルのほうで取り扱います。「死合いでござる」とか言い出す作品は基本的に入りません。

この「能力」をどう使う? 特異点たちが衝突する、おすすめ異能力系マンガ

この「能力」をどう使う? 特異点たちが衝突する、おすすめ異能力系マンガ

異能力マンガということで、能力が一種類だけだったり、一般的に知られる類の超能力だったり、種族ごとに決まっていたりするのは省きます。もっとこう際限なく、複数いる能力者がそれぞれ別々の能力を持っていて、「今回登場したこいつは、一体どういう能力を持っているのか」という好奇心が推進力のひとつになりうる、というのがおおまかな基準です。キャラクター同士で能力がかぶるのはOK。