今日は皆さんに、ちょっと殺し合いをしてもらいます。デスゲーム系おすすめマンガ群

人が減ってけばいいというものではない

要するに適当に人を集めて殺し合いさせれば成立するジャンル、それがデスゲームです。そのわかりやすさとキャッチーさから一時期ブームとなり、安易な作品が小説・映画・マンガいずれも大量に生み出されました。ここではなるべくそうではない作品をチョイスしたつもりです。
基本的には「何がしかのルールが存在する(ただのサバイバルではない)」「負けた時のリスクが大きい」「マンガとして面白い」「いわゆる格闘ものは入れない」程度の基準で、あとは好みとニュアンスで選んでます。ゲームの理由とか結末がちゃんとしてると好評価。頭脳戦系デスゲームは別カテゴリで扱ってますので、そちらをご参照ください。

バトル・ロワイアル(原作:高見広春 漫画:田口雅之)

国産デスゲームを象徴するような作品で、当時のブームの火付け役でもあります。殺人プログラムへと招待された42人の中学生が武器を渡され、クラスメイト同士殺し合うという内容で、原作発表当時相当物議をかもしていましたが結局大ヒットし実写映画化されてこれもヒットしました。
マンガ版は全15巻。尺が長い分オリジナル要素が多く、各キャラクターのバックボーンが詳細に語られています。

有名作ですがこのカテゴリの中でもトップクラスにエログロです。そして絵が濃い。割と好きなんですけど、鼻につくきれいごとの鬱陶しさと冗長感は否めず、是非一読を! とはなりません。ただまあやはり最初に持ってくるのはこれ以外にないですし、デスゲーム好きなら外せない作品です。

個人的には映画版が一番良かった気がします。カイジだのデスノートだのインシテミルだの、デスゲーム映画に大体顔を出す藤原竜也の出世作でもあります。

【オススメ】ダーウィンズゲーム(FLIPFLOPs)

軽い気持ちでアプリを起動したことから、「ダーウィンズゲーム」に巻き込まれることになった高校生・須藤要(カナメ)。ゲームマスターから与えられた「異能(シギル)」を頼りに、凄惨なゲームから抜け出すべくゲームのクリアを目指すカナメだったが、やがて彼は目的を達成するための非情さを身に着けていくことになる――


能力ものサバイバルゲームから集団戦となっていく、盛り上げどころをしっかり押さえたデスゲームです。例によって主人公の能力がチート。最初は頼りなかった主人公が段々と成長していく姿も楽しく、展開もスピーディ。

緊迫感はヌルめですが、サバゲー系のデスゲが好きなら普通におすすめです。エンタメマンガの王道を歩む作品だと思います。

プラチナエンド(原作:大場つぐみ 漫画:小畑健)

生きる希望を失った13人の前に天使が現れ、彼らを次世代の神を決めるための試用期間へといざなう。武器は相手の心、あるいは命を奪う「矢」と見えない速さで飛び回る「翼」。気弱な青年・架橋明日はなるべく力を使わずに生活しようとするが、夜神月ポジにいる生流奏の卑劣な罠を目にし、他の神候補と協力して立ち向かう必要に駆られていく。

これはデスゲームではないかもしれませんが、やってることはデスゲ。「デスノート」の裏をとったような作品です。デスノの面白さのひとつは「頭脳明晰な主人公が特殊な能力を手に入れ、すごい行動力で邪魔者を排除していく」という有能ピカレスクぶりにあったと思いますが、本作の主人公は戦闘力の高い小市民でしかなく、同じものを期待するといい感じにフラストレーション溜まります。「天才同士の戦い」的な華やかさは影を潜め、代わりに陰鬱でダークな雰囲気が漂っています。


とはいえこのコンビなのでゴリッゴリのエンタメです。能力を逆手にとった駆け引き(およびたまにあるツッコミどころ)は健在、6~8巻でゴリゴリ盛り上げる決戦も手に汗握りとても楽しめました。絵は言うに及ばず。主人公がいい人である結果として美しいシーンも多く、カレーでランチのシーンとかが妙に印象に残っています。欠点も目立ちますが、面白い作品だと思います。

試し読み ジャンプSQ公式サイト

ラパス・テーマパーク(成家慎一郎)

ある”トラウマ”を抱えた男、赤星は、ラパス・テーマパークを訪れる。そこは人の想像や記憶が具現化される世界。毎日夕方の4時から6時の間、キリンの顔をした「ラパス」が彼らを襲いにやってくる。ラパスを倒すことができれば、テーマパークから脱出し、「人生をやり直すチャンス」を手に入れることができるという。ただし出ることができるのは、彼を含めた5人のうちの誰かひとりだけ――

主人公がクズいという一点において、まずなかなかのユニークさを発揮する作品です。記憶や想像よりもトラウマのほうが強い等、何がどうなってそうなるのかわからないんですがなぜか納得してしまう謎理論が横行し、深く考える余裕もないままハイスピードで物語が進みます。

段々面白くなってくるタイプですので、ある程度まとめて読みたいところです。

100万の命の上に俺は立っている(原作:山川直輝 漫画:奈央晃徳)

中学三年の四谷友助は同級生とともに、殺されても数十秒で生き返る剣と魔法の異世界で「ミッション」を果たさないといけないと告げられる。全滅すれば、あるいは制限時間を超えれば、そこにあるのは完全なる死。ミッションを終えるたびに与えられる質問権、増えていく仲間……その先にある「10周目の光景」の後には何が待つのか? ドライな少年の目を通して語られる変奏・非ゼロサム(?)デスゲーム。

内容的に明らかに「GANTZ」の影響を強く受けていますが、生きるか死ぬかのギリギリのサスペンスよりも主人公のズレた考え方とか、効率重視のプレイングを重視した作品。というかバンバン死ぬ割に全体的にどこか長閑というか、対岸のニュースを眺めるような他人事感みたいなのがあります。

正直1巻だけ読んだだけではさほど。2巻、3巻と読んでいくとだんだん主人公にも作品自体にも味が出てきて、「あれっ、面白い」ということになりました。

試し読み マガポケ

異世界勇者の殺人遊戯(原作:らふげーむ キャラクター原案:ミタマイ 漫画:有馬明香)

今、輝かしい冒険が始まろうとしていた。女神により異世界能力を与えられ、勇者として転生しようとしていた少年・四月一日(わたぬき)通――しかし次の瞬間女神は何者かに撲殺され、四月一日は謎の館へ誘拐される。謎の司会者「キャットマン」に操られるようにして、集められた異世界勇者たちと殺人遊戯(デスゲーム)にたわむれるために!

異世界勇者の殺人遊戯

第1話”集められた異世界勇者”(1巻収録)より

シチュエーションは凄く好みです。閉鎖空間×推理×異能力×デスゲームということで、要するにファンタジー版ダンガンロンパ。あまりにもダンガンロンパでええっ……となりましたが、細かいこと気にしなければ結構イケます。こういうの読んでうっかりファンタジー系クローズドサークルが流行らないかな、という個人的な思惑もある。

原作は2016年自作ゲームフェスMVでやたら色んな賞を授賞した、ゲーム投稿コミュニティサービス「RPGアツマール」の人気作。難易度とかはいかにもゲーム原作だなという感じですが、序盤は大体の推理ゲー簡単ですので、続刊に期待。

ナカノヒトゲノム【実況中】(おそら)

謎のフリーゲーム「ナカノヒトゲノム」をプレイしたゲーム実況者入出アカツキは、妙な世界でそれぞれ得意ジャンルの異なる実況者とともに様々なゲームに参加させられることになる。目標は「閲覧数1億人」!

協力型デスゲーム×ギャグということで緊迫感なさげ、とはいえペナルティがエグいゲームも混じってます。謎が多すぎるんですが、そもそも閲覧してんのはなのか?

絵はきれいでギャグも面白いですが、そもそもゲームに参加する理由がよくわからないというか、女の子が温泉入ってる時とかのほうが閲覧数が稼げてるというズレみたいなのはちょっと気になります。意外とホラーな展開もあり。

試し読み pixivコミック

異世界デスゲームに転送されてつらい(水あさと)

「死にたい」と呟いた瞬間、異世界に転送されてしまったブラック企業会社員・氷見。宙を竜が舞う闘技場で「シニガミゲーム」に巻き込まれることになった彼は、とりあえず司会者の死神の言動の揚げ足を取り、ルールの詳細な説明を求め、ゲームをうやむやにし、さらに謝罪と賠償を求めるゲームブレーカーぶりをまざまざと見せつける。かくして威厳もへったくれもなくなった死神は新入社員の美少女で、色々あって氷見はしょっちゅうこの死神にデスゲームに巻き込まれては彼女を怯えさせることに――殺し合いが「始まらない」、ポンコツ死神×社畜によるデスゲームコメディ。

毎回結構趣向が違って割と手が込んでます。水あさと先生は前に「デンキ街の本屋さん」読んであんま合わないかな、と思ってたんですがこれは楽しく読みました。一応コメディなんですが氷見も死神サイドも謎の哀愁を漂わせており、このへんの常に漂う報われなさは水先生の持ち味ですね。

個人的にはぜひそのままシニガミゲームがスタートして欲しかったところですが、まあたまにはこんなのも。デスゲームもすっかりジャンルとして定着してこういうカウンターカルチャー的な作品も増えましたけど、その中だと読んだ限り一番面白かったです。

試し読み ComicWalker

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする