嫌われがちだが頼れる人たち。警察マンガに見る警察官の生活と実態、実録ものから捜査アクションまで色々

前の車止まってくださーい


なんかとっても久しぶりのカテゴリ追加となりますが、最近カテゴリ増やし過ぎて作品数が少ないカテゴリが多くなり、追加するための作品を探す時間も取れずにいて「こういうことしたかったわけじゃないんだよな……」という違和感があったため、こんな感じでたま~に追加する形を取ることになりました。そもそもカテゴリに追加するためにマンガ探すというのも本末転倒なんですが。
てなわけで前置き長くなりましたが、法治社会の前提を成立させる警察官を取り扱ったマンガのカテゴリとなります。自衛隊や宇宙飛行士ほど極限状況が想定されるわけではなく、といって場合によってはひとりでナイフ持った銀行強盗に立ち向かい拳銃を発射しないといけない場面もあり得るわけで、一般的な会社ほど平和的ではなく、といってめちゃくちゃ厳しいわけでもない絶妙な按配の仕事ものとなります。何しろ人口も多いので、警察出身の方がマンガ描くようなのも増えてきました。全く現場に出ない内勤ものとかも出てくる用語がバイオレンスで、ちょっと特殊な面白さがあります。
とりあえず刑事もの(鑑識や科捜研を含む)もここに入れますがそのうち分離する予定で、もうちょっと一般的な制服警察官、あるいは内部の人たちの話をメインにする予定。フィクション・ノンフィクションは問いませんが、完全ノンフィクションを謳う作品はなかなか出しづらそうなジャンルです。

ハコヅメ ~交番女子の逆襲~(泰三子)

某県警に実際に所属した、元交番女子漫画家が描く警察官の赤裸々な素顔! 的なやつです。短編の好評を受けて安定した職を辞しての連載化ということのようで、話題の作品になって本当に良かったですね……。
「逆襲」とかいうのでどんだけ暴露するのかと思いきや登場人物は割とまっとうで面白い人々、どこか抜けた刑事たちもやるべきことはやってて、かえって警察官の好感度が上がる結果となりました。


専門用語の解説とか内部事情の説明とかしませんが、「あれは警察官から見るとそういう感じなのか」という自然な驚きとリアリティがあります。そうした実体験の裏打ちもありつつ、単純に日常コメディ(たまにシリアス)として実に面白いです。ただの「ルポ」ではない。


というわけで、笑える仕事ものお探しであれば割とめっけものかと思います。やっぱり激務なわけで仕事への愚痴も多く描かれ、そのへんは一応逆襲してるので、公務員だし警察官でもなろーかな、みたいな人も参考になるかと。

試し読み モアイ

ちさと巡査、現場へ急行せよ!!(橘芽生子)

なんとなくたまに見る、男社会で大変らしい、しかしそこから先がよくわからない女性警察官の生活の実態。そのへんのことを新人警官岩崎ちさとの目を通じ、実際の生活を暴露するかなりノンフィクションっぽいエピソードが散見される警察コミック。

コメディっぽいエピソードからドキッとするような話まで、硬軟取り混ざる警察官の日々を描く意味で日常系の範疇に入る作品です。基本的に男女を完全に同じ扱いをする警察の中で、それでもどうしても守られてしまったり、あるいは女性にしかできない仕事があったりそのあたりの微妙な葛藤はリアルというか、橘先生が警察出身なのかな、と思います。交番勤務の実態を知る上で、「ハコヅメ」と併せておすすめ。

不評極まるネズミ捕り(↑画像)での住民とのやり取りなど、警察の客商売的な部分を描いた話が多い印象。そこで強制力があるところはサービス業とはちょっと違いますが……。
ちなみに女性警察官はめちゃくちゃモテるそうで一応? 恋愛要素もあり。そのあたりの事情を知りたい方もどうぞ。

試し読み リイドカフェ

野宮警部補は許さない(宵田佳)

前部署での実績が認められ、晴れて憧れの本部(警視庁)勤務となった女性職員の橋本檸美。配属部署は警務部特別対応室――そこで彼女が遭遇するのは思ったよりもこじんまりとした部屋、妙に和気あいあいとしたエリート感皆無の職員たち、そして彼女に対して「警察官にも本部の仕事にも夢を見ないほうがいい」と言い放つ、教育係の野宮警部補。人間的には面倒きわまる彼だったが、いざ仕事となるとタチの悪い警察官をとことん追い詰める仕事の鬼と化す――? 警察内部調査をライトに描く、ちょっと変わった「捜査」マンガ。

特別対応室の仕事は作中の説明を借りれば「監察のサポート役」。秩序の番人警察官といえども所詮人間、パワハラ上司や調子に乗った若いのもいるわけで、そうした問題行動を犯罪になる前段階で処理するという見るからにストレスフルな仕事です。とはいえそこは警察、調査もプロなわけでしっかり下ごしらえをし、野宮警部補がいかに相手をコテンパンにするかを楽しむようなマンガです。

そういう意味である種復讐ものに近いカタルシスがあります。殺人や強盗を扱うこともある他の警察ものに比べると題材的にそこまで重くない分出てくる案件は身近で、「うちの会社にもこういう機関欲しい」と感じる人も多そうですね(野宮警部補ほどの「逸材」はそうそう配属されないでしょうが)。

試し読み コミックぜにょん

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする