ここが運命の交差点? ひとつの時間軸を複数の始点から描くザッピングマンガ

縦の糸はあなた、横の糸はわたし

ザッピングは元々テレビのチャンネルをあちこち切り替えて視聴するような意味らしいですが、これが転じてひとつのドラマの中に複数の主人公が存在し、視点(チャンネル)が切り替わるような構成を指すようになりました。ゲームでは「街」「428」など、小説だと「冷静と情熱のあいだ」などが有名です。
いわゆるアンサンブル・キャストや群像劇、あるいはミステリの場合ザッピングは頻繁に発生しますが、ここで紹介している作品では視点がある程度一人称で固定、同じ場面を複数視点から描くタイプのザッピングが自覚的に連続して使われていることを条件とします。
ザッピングの性質上視点が変わるたびに軽い謎ときや伏線処理、意外性が要求され、かつ全く同じ場面は上手く処理してくどくないようにしないといけない、作者のセンスが問われる高難度のジャンルだと思います。集めてみたら恋愛ものが多めでした。

喰う寝るふたり住むふたり(日暮キノコ)

同棲ほぼ10年、仲が悪いわけではもちろんないが、恋愛初期のテンションは完全に失われたアラサーカップルの町田りつ子と野々山修一。「なんで結婚しないの?」という質問に対する答えは年々板についてきたが、いつまでもこんな感じでいいものか。同棲生活を男女両方+αの視点で追うザッピング・ラブストーリー。

喰う寝るふたり住むふたり

第08話″バトルキッチン(リツコ編)”(2巻収録)より

基本的に日常系ですが頻繁にふたりが喧嘩したりどっか行ったり、またその理由があるあるな感じだったりでドキドキしながら読みました。ふたりそれぞれの目線で同じ時間軸が描かれるので、心が通じ合ってるようで実はぜんぜん違うこと考えてたり、なにげない言動に思わぬバックストーリーがあったりするのが面白いです。


第一話で「ガチャッ」という音が、実はドアを開ける音じゃないのは「そうそう、こういうの」と思ってニヤッとしました。
「月刊コミックゼノン」で2012~2014年連載、全5巻で完結。

試し読み コミックゼノン

バター猫のパラドクス(きづきあきら+サトウナンキ)

男性経験がなく「普通の人ができることができない」コンプレックスを抱える(しかし割とモテる)大和田若芽と、彼には理解不能な理由で恋人に何度も捨てられ、女性不信に陥っているイケメン兼末健次郎。憎からず思い合うふたりなのに、男女のすれ違いはどんどん広がって気が付けば絶望的に深い溝に。「うそつきパラドクス」の続編にして主人公を一新した新シリーズ。

バター猫のパラドクス

第1話”焦る大和田若芽の不安”(1巻収録)より

序盤はほとんど勘違いラブコメで、さっさとくっついちまえよと思いながら読んでるとどんどん手に汗握る展開になっていく持ってき方が非常に上手いです。うそパラでも使われていたザッピングを頻繁に使用して男女の思考のちがいを描き分け、それがまた予期せぬ誤解を呼び……と読む手を切らせない。

「ヤングアニマル」で2012~2014年連載、全4巻で完結とコンパクトで、完成度はうそパラより高いと思います。性的要素も前作よりは抑えめだし、この作者の作品の中だと鬱要素が控えめで読みやすい。
ヒロインも栖佑さん的なズルさがなく、友達思いないい子でそれだけに不憫。前作のキャラも引き続き登場しますが、これ単体で読んでも問題なく読めます。

試し読み コミックシーモア

同居人はひざ、時々、頭のうえ。(原作:みなつき 漫画:二ツ家あす)

若くして才能を認められているが、人嫌いでひきこもり気味のミステリー作家・朏素晴(みかづき すばる)。
着実に小説しか能のない扱いづらい作家への道を歩みつつあった彼だったが、「小説のネタになる」ことから一匹の猫を保護することになる。
このほんの気まぐれが思いがけない気付きと出会いを素晴にもたらし、少しずつ彼の世界を広げていくことになるとは気づきもせずに――

ひとつの物語が猫側の視点からも紡がれるザッピング仕様。
猫中心のストーリーと思いきや人間側でもドラマが始まり、恋愛要素も絡んできたり。


ハル(猫)は他の人に飼われていた経験があるようですが、野良猫出身で抱っこを嫌がらず抱いたまま外を出歩いてもOK、知らない人が来ても隠れない猫を拾った素晴くんはかなりのラッキーボーイです。
「COMIC ポラリス」で2014年読み切り掲載、2015年~連載。

試し読み COMICポラリス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする